わたしたちの仲間を紹介します。

看護師

U YU・Y

Qまずは簡単に自己紹介から

沖縄県で生まれ育ち、大学をきっかけに東京に出て来ました。
趣味は、国内外旅行、温泉めぐりです。最近はスイスのユングラヨッホに登り、とても感動しました。ですが当院で高山病予防薬について毎回患者さんに説明しているにも関わらず、自分が服用せず、高山病にかかってしまい、改めて予防薬の重要性を肌で感じた次第です。

Q色々な言語を学びたいとおもったきっかけを教えて下さい。(どうやって語学を学んだか。)

看護師になった後、インバウンド増加にともない、外国人患者さんも増え、外国語の重要性を感じました。親戚が台湾にいることから、中国語を学ぼうと思い台湾に短期留学しました。親戚や現地の方とたくさん話しているうちに第2外国語を話す楽しさを実感し、龍舟隊(ドラゴンボート)に参加するなど現地の文化を楽しみました。語学学校に英語圏のクラスメイトが多かったことから、英語の重要性も肌で感じ、台湾から帰国後地元で働いたあと、幼少期から憧れていたニューヨークに半年留学しました。ニューヨークは特に多国籍文化のため、ニューヨークにいながら世界各国の文化を楽しむことができました。
人とコミュニケーションを取ることが好きなので、どの国行ってもとりあえず現地の方とお友達になり、その国の文化に触れました。

Q患者対応されていて、やりがい・役に立ったことを教えて下さい。

中華圏の方が来院され、先生と患者さんの通訳をした後「ありがとう」と一言あるだけで、やりがいを感じます。私も海外でクリニック受診した際とても不安な気持ちでしたが、看護師がとても優しくしてくれたことを覚えており、私も海外の患者様の不安を取り除けるような看護師になりたいと思いました。

Q今後やってみたいことを教えて下さい。

オリンピックに向けて外国人患者さん増加しており、英語や中国語の必要性を日々感じています。クリニックに受診される方の不安を少しでも軽くできるように英語、中国語の語学力を伸ばし、医師と患者さんの橋渡しをできるよう精進して参りたいです。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
個人情報保護方針