わたしたちの仲間を紹介します。

マネージャー
産休・育休中の在宅ワーク制度利用者

マネージャー
産休・育休中の在宅ワーク制度利用者
Y・Mさん

1.これまでのご経歴、現在担当している業務について教えてください。

大学卒業後は大学病院で病棟勤務をしていました。ワーキングホリディに行くために退職し帰国後、今後の進路に迷っていたため非常勤看護師として入職しました。その後、千葉院立ち上げに携わらせていただく中で、東京ビジネスクリニックの理念に共感し、自分のしたいことがこのクリニックで見つかったため常勤になりました。
現在は、現場や臨床を中心に管轄するマネージャーとして復帰しました。患者さんや社会のニーズをキャッチして、常にエビデンスのある最新の医療を安全に提供する環境を整えるために、各部署やスタッフと連携をとりながらサポートしていく役割があると考えています。現場で働いていた時は、同じ一日は全く無く毎日色々考えて患者さん対応したりゴールのない医療に最前線で触れられてとても充実した日々を過ごしていました。忙しい中でもそんな働くことの楽しさを感じてもらい、患者さんにもスタッフにも医療業界からも愛されるクリニックを一緒に創り上げていきたいと考えています。

2.産休育休の期間は?

2021年4月月末〜2022年3月までです。常勤復帰前の2022年2月と3月は非常勤として少しずつ出勤する日を作り、家族皆で身体的に精神的に準備をし始めました。
 
3.産休・育休は取得しやすい環境でしたか。
 
はい。寧ろ、出産も育児も応援してくれました。職場の先輩ママやパパにも育児について色々聞けて心強かったです。
 
4.産休育休前後の様子について教えてください。
 
産休や育休前はほぼ何も変わらず。子供が産まれてからは生活スタイルも優先順位も何もかも変わりました。忙しさも何もかも、幸せが訪れてくれたが故なのでALL HAPPYです。

5.育休取得中はどのように会社と繋がっていましたか。

育休中は、在宅でできる仕事を少しずつ行っていました。勿論、育児が優先なので自分のキャパシティの範囲内で行えるタスク量です。仕事を全くしないという選択肢もありましたが、私の場合は少し仕事をすることでよい息抜きになったと仕事モードを忘れることなく一年間過ごせたのでいざ復帰するという時も仕事をするということに対して気持ち的負担はありませんでした。

6.育休明け、復帰に不安はありませんでしたか。また職場での社員の接し方に変化はありましたか。

一年間程度休んでいたので、不安がないと言えば嘘になりますね。復帰後一年間はシフトを融通してもらえる制度もあるので活用しています。働いていく中で自分のワークライフバランスのスタイルを見つけていこうと思っています。復帰後の職場のスタッフの接し方ですが、いつも通り元気に笑顔で迎えてくれて感謝しています。パワーをもらっております。

7.今後、チャレンジしてみたいことはありますか。

仕事面でも、プライベートでもチャレンジしたいことはあるのですが、先ずは仕事と子育てや家族との時間のワークライフバランスの自分なり納得点を見つけたいと考えています。それが、毎日楽しく笑顔で過ごせるための直近の目標です。
 
8.出産後も働き続けたいと考えている方へ一言お願いします。
 
家族のサポート環境も生活スタイルも皆違うので一概になんとも言えませんが、子供を持つママが働くことはもう珍しくない時代です。まだ、本格復帰して1ヶ月程度なのでなんとも言えませんが、一緒にワークママとして自分の働き方を見つけられればと思います。一つ言えることは、子供をもつママもパパが既にいる職場なので、相談にのってもらったり、色々理解を得やすい環境にあると思います。
 
 

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
個人情報保護方針